Photoshopの使い方!スマートフィルター

スマートフィルターは、Photoshopの強力な機能の一つであり、画像編集における柔軟性と効率性を大幅に向上させるツールです。この解説では、スマートフィルターの基本概念、適用方法、および利点について詳しく説明します。

スマートフィルターとは?

スマートフィルターは、通常のフィルターとは異なり、後から編集可能な非破壊的なフィルターです。これにより、フィルター効果を適用した後でも、いつでも再調整や変更が可能になります。スマートオブジェクトに対して適用され、元の画像データを保持するため、画像品質を損なうことなく加工を行うことができます。

スマートオブジェクトとは?

スマートオブジェクトは、元の画像データを保持しながら編集を可能にする特殊なレイヤー形式です。非破壊的にフィルターや変形を適用できるため、編集の柔軟性が大幅に向上します。

スマートオブジェクトへの変換方法

スマートフィルターを使用するためには、まずレイヤーをスマートオブジェクトに変換する必要があります。これにより、フィルター効果を非破壊的に適用することが可能になります。スマートオブジェクトへの変換方法は以下の通りです。

3つの変換方法

フィルターを適用したいレイヤーを選択します。

右クリックから変換

レイヤーを右クリックして「スマートオブジェクトに変換」を選択します。

メニューバーから変換

メニューバーの「レイヤー」から「スマートオブジェクト」→「スマートオブジェクトに変換」を選択します。

フィルターメニューから変換

メニューバーの「フィルター」から「スマートフィルター用に変換」を選択します。

スマートフィルターの適用方法

スマートフィルターを適用する手順は以下の通りです。

手順
  • STEP:01
    スマートオブジェクトを選択

    フィルターを適用するスマートオブジェクトを選択します。

  • STEP:02
    フィルターを選択

    メニューバーの「フィルター」から、適用したいフィルターを選びます。

  • STEP:03
    設定を調整しOKをクリック

    フィルターの設定ダイアログが表示されたら、好みの設定に調整します。
    設定が完了したら、「OK」をクリックしてフィルターを適用します。

  • STEP:04
    スマートフィルターが追加される

    レイヤーにスマートフィルターが追加され、選択したフィルター名が表示されます。

スマートフィルターの編集

フィルター名をダブルクリックし、開いた設定ダイアログで必要な調整を行い、「OK」をクリックします。これでスマートフィルターの設定を簡単に変更できます。

スマートフィルターのマスキング

スマートフィルターには、フィルターマスクを使用することができます。これにより、フィルター効果を特定の領域にのみ適用したり、適用範囲を調整したりすることができます。

スマートフィルターを適用すると、自動的にフィルターマスクが作成されます。

フィルターマスクは選択範囲を作成して塗りつぶしたり、ブラシツールなどを使用してマスクを編集しフィルター効果の適用範囲を調整します。白は表示され、黒は非表示になり、グレーは透明になります。今回はスマートフィルターで「ぼかし(ガウス)20%」を適用し、マスクで背景のみ適用させました。

左:Before / 右:After

スマートフィルターの移動と複製

スマートフィルターは、スマートオブジェクトのレイヤー間でのみ移動可能です。これにより、同じフィルター設定を複数のレイヤーに適用する際に便利です。また、同じフィルターを移動ではなくて複製移動することもできます。

スマートフィルターの移動

レイヤーパネルで移動したいスマートフィルターが適用されているスマートオブジェクトのレイヤーを選択し、フィルター名をクリックして目的のスマートオブジェクトのレイヤーにドラッグしてドロップします。これにより、フィルターを移動できます。

スマートフィルターの複製移動

スマートフィルターを複製することで、同じフィルター設定を他のレイヤーや同じレイヤーに適用することができます。まず、レイヤーパネルで複製したいスマートフィルターが適用されているスマートオブジェクトのレイヤーを選択します。次に、Altキー(Windows)またはOptionキー(Mac)を押しながら、フィルター名を他のスマートオブジェクトのレイヤーにドラッグ&ドロップします。これにより、フィルターを複製できます。

スマートフィルターの順番の変更

スマートフィルターは複数のフィルターを適用した場合にその順番を変更することができ、適用順序を変えることで異なる効果を得ることが可能です。まず、レイヤーパネルで順番を変更したいスマートフィルターが適用されているスマートオブジェクトのレイヤーを選択し、次にレイヤーパネル内のフィルター名をクリックして上下にドラッグし、希望の順番になるようにフィルターをドロップします。

スマートフィルターの描画モードと不透明度の変更

スマートフィルターの描画モードと不透明度を変更することで、フィルター効果を異なる方法でブレンドしたり、効果の強度を調整することができます。

まず、レイヤーパネルで描画モードと不透明度を変更したいスマートフィルターが適用されているスマートオブジェクトのレイヤーを選択します。次に、レイヤーパネルのフィルター横にある描画オプション編集アイコン(フィルター効果の右側)をダブルクリックします。ポップアップウィンドウが表示されるので、そこで描画モードと不透明度を設定し、「OK」をクリックします。

スマートフィルターの非表示

スマートフィルターは一時的に非表示にすることでフィルター効果のオンオフを切り替えることができます。まず、レイヤーパネルで非表示にしたいスマートフィルターが適用されているスマートオブジェクトのレイヤーを選択し、次にレイヤーパネル内のスマートフィルター名の左側にある目のアイコンをクリックしてフィルターを非表示にします。

スマートフィルターの削除

2つの削除方法

右クリックで削除

不要になったスマートフィルターを削除するには、レイヤーパネルで削除したいスマートフィルターが適用されているスマートオブジェクトのレイヤーを選択し、削除したいフィルター名を右クリックして「スマートフィルターを削除」を選択します。

ゴミ箱にドラッグして削除

もう一つの方法は、レイヤーパネルで削除したいスマートフィルターが適用されているスマートオブジェクトのレイヤーを選択し、削除したいフィルターを選択してレイヤーパネルのゴミ箱アイコンにドラッグし、ドロップして削除します。

まとめ

スマートフィルターは、Photoshopでの画像編集をより柔軟かつ効率的にするための非常に強力なツールです。非破壊的な編集が可能であり、後から調整や変更が容易に行えるため、初心者から上級者まで幅広く利用されています。さらに、フィルターの移動、順番の変更、複製、描画モードの変更、および非表示が簡単に行えるため、編集プロセスを大幅に効率化することができます。スマートフィルターを活用することで、クリエイティブな可能性が広がることで

この記事を書いた人
Experience Designer

大分県出身|デザイナー|デザインの先生|デザイナー歴18年|先生歴10年|学生〜プロ、経営者〜企業をデザインの力でスケダチ|外部デザイン顧問|デザインの情報を発信する「姫野家クリエイティブノート」を運営|広告賞多数受賞

スケダチ@あなたの相棒をフォローする
Ps-機能解説
スケダチ@あなたの相棒をフォローする
姫野家クリエイティブノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました